忍者ブログ

いわき演劇の会 公式blog

当会は、いわきの演劇文化発展を目的として、 2001年に創造団体(劇団)及び鑑賞団体の計15 団体によって結成された会です。参加団体の 活動状況を公開し、公演日程の調整、行政への 働きかけ、ワークショップ等各種講習会の開催 等を行なっています。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[11/13 DSLR-A850]
[11/13 野上尚哉]
[01/11 rygecrofts]
[11/18 warfordfre]
[11/18 luvinaplum]

08.17.14:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/17/14:51

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 いわき地区高等学校演劇連盟(小名浜高校)「ごはんの時間2ぃ」

いわきの高校演劇部が3校連続上演!
①小名浜高等学校演劇部 

 

「ごはんの時間2ぃ」 作:青山一也

こんにちは、小名浜高等学校演劇部です。
私たちは今回初めて自分たちで脚本を選びました。
OBとOGの先輩方に支えられて、一生懸命頑張っています。今回の脚本は自分の未来を考えさせられるものなので是非見てください。


日時 2009年9月6日(日) 13:00(開場:12:30)
会場 いわきアリオス 中劇場
料金 入場無料
PR

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 児童・青少年演劇 劇団ポポ「花刀」

子ども達に夢を 豊かな心を!



日時 2009年9月5日(土) 14:00(開場:13:30)
会場 いわきアリオス 小劇場
料金 全席自由 前売り500円 当日700円

あらすじ
〈花くらべ〉のお花さがしに東山にやってきたお殿さんと抜け作―。ほとほと苦労しているところに―よい枝ぶりの花をかついで、童子(こども)が通りかかる。どうしてもその花がほしい殿さん―少しおどかして、ぶん取ってこい、と抜け作に言いつけたのだが・・・。
対象 子どもからお年寄りまで、どなたでもご覧いただけます。


出演
 お殿さん 雅楽川 淳  
 抜け作  遠藤 素廣  
 童子   遠藤 Q

スタッフ
 作  多田徹  
 演出 伊田隆三郎  
 装置 古内とおる
 照明 遠藤素廣、牧野早苗
 衣装 安斉美代子
 音響効果 永山貴美子
 小道具 栗原清・小山弘之
 メイクアップ 渡辺清美
 舞台監督 鈴木理恵
 制作 遠藤久江

申込み方法 プレイガイド
アリオスチケットセンター 0246-22-5800 (火曜定休)
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

WEBサイトからのご予約:チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。



【プロフィール】 児童・青少年演劇 劇団ポポ
○目的
児童劇の創造と上演とにより、心豊かな子どもの育成と、当地域の児童文化の向上と発展を図る。
○内容
定期公演(現在休演)や、出前公演などの公演活動を中心に行い、内外・全国の研究者、団体との交流を行っている。
○実績など
現在、市内25ヶ所の保育所出前公演を、この17年来実施し、その他の要請公演や、独自のプレゼント無料公演などを合わせて、年間約3千人の子どもと市民の方々に観劇していただいている。2年後の45周年記念公演を目指している。

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 劇団Biscuit Robot「桜飛沫」

春、憎しみが眠りから目を覚ます



旗揚げ公演「みつばち」に続いて今回も時代劇を上演します。

登場人物は、してしまったことへの後悔の思いを抱え生きていく人々。
罪滅ぼしの為まっとうに生きる人や、その罪悪感に押しつぶされてしまう人
それぞれに違う生き方を選び、また生き方を余儀なくされている人々をどう演じ、またどう表現するか思考に明け暮れています。

二十四時間食べるものを手に入れることができ、誰かが用意してくれた華やかなモノや娯楽をただ漁って時間が過ぎていくこの国で、してしまった事への後悔を覚えておくことすら出来なくなった私たちは「あの時は仕方なかった」とか「あの悔しさをバネにするんだ」なんて言葉で、本当は少しも励まされなかった事まで忘れてしまっているのではないだろうか。
そしてそれをわざわざ掘り返す必要なんてあるのでしょうか。

生きる事だけに必死になっていた時代の空気が少しでも舞台に匂えば、そう願って日々稽古に励んでいます。
あと、なるべく派手にアクションは作ります(笑)是非ご来場ください。


日時 2009年9月20日(日) 14:00(開場:13:30)

会場 いわきアリオス 中劇場
料金 全席自由 前売 一般1,000円 学生 500円
        当日 一般1,200円 学生 700円 
対象 未就学児の入場はご遠慮ください。


出演
 金成暁
 中山愛
 松崎雅也
 松本直美
 佐藤優次
 大井川皐月
 鈴木祐介
 藤田将史
 大川慎司
 小野喜世
 須田達仁
 青天目早紀
 浅井眸
 佐藤開正
 宮本祐希
 篠木美香
 原一典
 草野郁江
 芳賀恵太
 鈴木奈央子
 小林健一
 小野碧希
 猪俣亜衣子
 小松嗣典

スタッフ
 作 長塚圭史
 演出 佐藤開正
 ヘアメイク 小松嗣典
 演出助手 永井裕子
 舞台監督 鈴木一徳
 小道具製作 新妻 純
 特殊効果 渡辺綾季子
 宣伝美術 春雨モンモ


申込み方法 プレイガイド
アリオスチケットセンター 0246-22-5800 (火曜定休)
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

WEBサイトからのご予約:チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。


【プロフィール】 
2008年7月結成
福島県いわき市で活動する社会人が中心の劇団です。
いわき市の劇団「演劇集団嘘憑堂」で旗揚げから第12回公演までの演出を手がけた佐藤開正が旗揚げして2009年2月に旗揚げ公演を行いました。
荒廃した世界観や派手な殺陣シーンの盛り込まれた時代劇の演目は、幅広い年齢層の方々に御支持を頂きました。
手に汗握る激しい殺陣。シニカルな笑い。しっかり泣かせてくれる舞台は老若男女どなた様でも楽しんでいただけると思います。どうぞご期待ください。

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 iwaki地区高等学校演劇連盟(磐城桜が丘高校)「嬢 must go on」

いわきの高校演劇部が3校連続上演!
③磐城桜が丘高等学校演劇部 

 

「嬢 must go on」 作:こばやししゅんいち

磐城桜が丘高校演劇部がおくる、ピュアで、キュートで、ハートウォーミングな60分! 忘れかけていた何かを思い出しませんか?

一度しかない高校時代。女子高生が青春を賭けるものはたくさんある。おしゃれがしたい。彼氏もほしい。ちょっとは受験勉強もしなくちゃ。でも私たちはなぜか演劇部に入ってしまった。暗い。地味。汗くさい。休みもない。基礎練つらい。セリフ覚えもつらい。大道具作りも大変。だって釘なんか打ったことなかったもの。そもそも変人の集まりだし。それなら何のために私たちは演劇をやるのだろう。お客さんのため?自分たちのため?…分からない。分かんないよ。
けれど。私たちには仲間がいる。家族がいる。大人から見たらどうでも良いことに悩んだり苦しんだりつまずいたりしながらも、今日もこうして、支えられ、支え合って生きている。やっぱり楽しいよ、生きるって。だから伝えたい。伝えなきゃ。私たちの思いを。
”嬢 must go on”


日時(磐城桜が丘高等学校の回) 2009年9月6日(日) 16:00
会場 いわきアリオス中劇場 中劇場
料金 入場無料


【プロフィール】
旧女子高時代から数えると県内屈指の伝統と輝かしい過去の実績を誇ります。近年は慢性的な部員不足に悩んできましたが、熱意あふれる部員たちの努力が実り、2年連続で自主公演を打つなど徐々に復活を遂げつつあります。今回は初めて顧問創作の脚本にチャレンジし、等身大の高校生の素直な心情を表現しようと日々稽古に励んでいます。

05.31.12:00

公演の後援。。。


9月に行う「いわき演劇祭 2009」ですが、実に多くの方に
支えられて成り立っています。

いわき演劇祭は“平成21年度公益信託うつくしま基金助成事業”
として助成を得て開催されます。
そして、主催は“いわき演劇の会”ですが、共催として
“いわき芸術文化交流館アリオス”に関わっていただいています
(ただ施設を借りるだけではないのです)。

そのほかにも、報道各社様に後援を得ております。
 ・ いわき市教育委員会
 ・ 福島民報社
 ・ 福島民友新聞社
 ・ いわき民報社
 ・ 朝日新聞社 いわき支局
 ・ 読売新聞社 いわき支局
 ・ 毎日新聞社 いわき支局
 ・ 福島中央テレビ
 ・ SEA WAVE FMいわき
 ・ ラジオ福島
(順不同)

そのほかにも、各劇団でお世話になっている企業、団体・個人…
多くの方に支えられて、演劇祭は創られていきます。