忍者ブログ

いわき演劇の会 公式blog

当会は、いわきの演劇文化発展を目的として、 2001年に創造団体(劇団)及び鑑賞団体の計15 団体によって結成された会です。参加団体の 活動状況を公開し、公演日程の調整、行政への 働きかけ、ワークショップ等各種講習会の開催 等を行なっています。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[11/13 DSLR-A850]
[11/13 野上尚哉]
[01/11 rygecrofts]
[11/18 warfordfre]
[11/18 luvinaplum]

04.28.07:37

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 04/28/07:37

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 内容一覧(日付順)

「いわき演劇祭2009」の公演一覧です。


  


演:演劇、シ:シンポジウム、講:講演会、関:関連事業


【いわきアリオス】
9月 5日(土)
演 14:00 小劇場 児童・青少年演劇 ポポ「花刀」
演 19:00 中劇場 劇団 いわき青春座「家出物語」

9月 6日(日)
演 13:00 中劇場 小名浜高校【高校演劇連盟】「ごはんの時間2い」
演 14:30 中劇場 磐城高校【高校演劇連盟】「河童」
演 16:00 中劇場 磐城桜ヶ丘高校【高校演劇連盟】「嬢 must go on」

演 17:30 小劇場 演劇集団 黒ヒゲキャラバン「地球祀(ちきゅうさい)」

9月10日(木)
関 19:00 中劇場 いわき親子劇場「森の記憶」

9月12日(土)
関 14:00 小劇場 いわきアリオス主催事業「星の王子様」
演 18:30 中劇場 劇団 いわき小劇場「ブラック・コメディ」

9月13日(日)
演 13:30 中劇場 いわき芸能倶楽部「テーマ 風」
関 14:00 小劇場 いわきアリオス主催事業「お花のハナックの物語」

9月17日(木)
関 18:30 中劇場 いわき演劇鑑賞会例会「歌舞伎十八番の内『鳴神』」

9月18日(金)
関 13:30 中劇場 いわき演劇鑑賞会例会「歌舞伎十八番の内『鳴神』」

9月19日(土)
シ 14:00 小劇場 「地方の演劇」

9月20日(日)
演 14:00 中劇場 劇団BiscuitRobot「桜飛沫」

講 17:00 小劇場 いわき芸能倶楽部講演


【小名浜市民会館】
8月30日(日)
関 14:00 - 劇団 いわき青春座「家出物語」


【常磐市民会館】
9月19日(土)
関 18:30 ― いわき演劇鑑賞会例会「歌舞伎十八番の内『鳴神』」
PR

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 演劇集団黒ヒゲキャラバン「地球祀(ちきゅうさい)」

月と、蛙と、草野心平。

 

「地球祀(ちきゅうさい)」とは?
“蛙の詩人”草野心平の世界をもとに、仲間たちの結束と恋を描いたオリジナル脚本です。
随所に心平作品のオマージュが盛り込まれ、心平の詩を知る人はもちろん、知らない人でも楽しみながらに心平世界をのぞき見ることができるかもしれません。
地元 いわき明星大学の劇団「激弾・夢のムー眠社」や、同じくいわきで活動する「総合芸術企画・支援団 W;under g-round」ら、いわきの様々な才能を集めて贈る黒ヒゲ公演 第8弾。精一杯の情熱と感動をお届け致します。


日時…2009年9月6日(日) 17:30(開場:17:00)
会場…いわきアリオス 小劇場
料金…全席自由 前売 一般1,000円 学生 500円
   当日 一般1,200円 学生 700円 

あらすじ…福島は石城郡、小川の里の更にその一部、どうぶり沼周辺のとるに足りない点景の中に彼らのすむ世界はあった。

手足をばたつかせ腹を膨らませ、蛇に人間に怯えながら蛙たちは日々を面白おかしく過ごしている。

大長老ごびらっふを中心に彼らが備えるのは、地球と月と彼らを結ぶ百年ごとの誕生祭。

鋭く恐ろしい蛇の逆歯。
屏風岩を照らす月の夜。
そして詩人の男。

それはまだ、沼の蛙たち一人一人の名前がなかった頃のお話。

ささやかな想いをのせて、百年目の祈りの夜がやってくる。



出演…草野 心平:佐々木孔明(激弾・夢のムー眠社)
   ゲリゲ:石田 千尋
   ぐりま:大関 俊一(激弾・夢のムー眠社)
   るりる:小松 亜希奈
   ごびろ:鈴木 洵一(激弾・夢のムー眠社)
   ククリラ:岡 千秋
   カム:本田 美樹
   るりだ:西山 由里香(激弾・夢のムー眠社)
   ウンガ:松本 正志(激弾・夢のムー眠社)
   クチナワ:伊藤 健太郎(演劇集団 嘘憑堂)


脚本・演出…小林 基
舞台監督…小野口 直樹
照明…門馬 秀明(W;under g-round)
   小林 由幸(W;under g-round)
   菜花 綾子(フリー)
音響…阿部 嘉明
   神永 和子(劇団 メリーベル)
小道具…木村 友昭(木村工房)
制作…古山 絵里
   島崎 圭介(W;under g-round)

協力:いわき市立草野心平記念文学館
   総合芸術企画・支援団 W;under g-round


申込み方法 プレイガイド
アリオスチケットセンター 0246-22-5800 (火曜定休)
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

WEBサイトからのご予約:チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。


演劇集団黒ヒゲキャラバン
公式HP http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=NoirBarbe
公式Blog http://ameblo.jp/brackhige/

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 いわき地区高等学校演劇連盟(磐城高校)「河童」

いわきの高校演劇部が3校連続上演!
②磐城高等学校演劇部

 

「河童」 作:畑澤聖悟

「なぜ私は河童なのか。
 なぜこの世に河童というものが存在するのか。
 その声は誰にも聞こえない。
 だから誰も答えてくれない。
 さびしい。さびしい。さびしい。
 いつの日か、河童が河童でなくなる日が、来るだろうか。」

今回私たち磐城高校演劇部が上演する「河童」は、2008年全国高等学校演劇大会で最優秀賞を受賞した作品です。
この作品の奥深さを観客の皆様にお伝えするために、およそ3ヶ月の間、試行錯誤を繰り返し、毎日懸命に稽古をしてきました。キャストの半数は1年生で、今度の作品が事実上の初舞台となります。まだまだ拙い芝居ではありますが、是非とも楽しんで、そして考えていただければ幸いです。よく見れば、「河童」はどこにでもいるのですから。


日時(磐城高等学校の回)2009年9月6日(日) 14:30
会場 いわきアリオス中劇場
料金 入場無料


出演
 又吉宏美
 福羽法子
 白石安紗美
 永山加菜
 渡辺結衣
 野勢拓也
 関根和輝
 鈴木萠絵
 佐竹優里
 山下美咲
 綿引里沙
 武内駿
 西山健志
 伊藤直明
 高橋裕輝

■磐城桜が丘高等学校演劇部

スタッフ
 演出 関根和輝
 助演出 岡田毬子
 舞台監督 西山健志
 助監督 高橋裕輝
 音響 鯨岡晶帆
 照明 柳田邦玲雄
 小道具 鯨岡晶帆
     柳田邦玲雄
 衣装 全員
 メイク 福羽法子
     渡辺結衣


【プロフィール】
現在3年生2人、2年生8人、1年生8人の計18人で活動しています。チームワークも抜群で、男女ともに楽しくそして真剣に芝居作りに取り組んでいます。
昨年は福島県高等学校演劇コンクールにおいて3位に入賞することができました。今年はさらなる飛躍を目指し、部員一同頑張っています。

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 劇団いわき小劇場「ブラック・コメディ」

 


劇団いわき小劇場 「ブラック・コメディ」


日時 2009年9月12日(土) 18:30(開場:18:00)
会場 いわきアリオス 中劇場
料金 全席自由 前売 一般1,000円 学生 500円
        当日 一般1,200円 学生 700円 


出演
 ブリンズリー・ミラー 鈴木雄介
 キャロル・メルケット 神永真紀
 ミス・ファーニバル 志賀佳保理
 メルケット大佐 水品修
 ハロルド・ゴリンジ 穴澤有馬
 シュパンヅィグ 横山晋三
 クレア 伊川公代
 ゲオルク・バンベルガー 蛭田智道

スタッフ
 作 ピーター・シェーファー
 演出 加瀬昌孝
 舞台監督 蛭田智道
 演出助手 横山晋三
      川原のり
 装置 高比良勝美
    梁取和
 照明 秋山智子
    あいたえみこ
 音響 鈴木勝博
 衣装 門間明子
    吉田初美
 メイク 今野久美子
 小道具 伊川公代
     島なつみ
 制作 渡辺重政
    島なつみ


申込み方法 プレイガイド
アリオスチケットセンター 0246-22-5800 (火曜定休)
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

WEBサイトからのご予約:チケットガイドをご覧ください。
※初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。


【プロフィール】
劇団いわき小劇場は、演劇活動を通して、自ら働く者の生活を高め文化を広めるために、1969年3月28日に結成されました。
旗揚げから今日まで、様々な方が参加し、ついに創立40周年を迎えることとなりました。

08.01.00:00

いわき演劇祭2009 iwaki地区高等学校演劇連盟(磐城桜が丘高校)「嬢 must go on」

いわきの高校演劇部が3校連続上演!
③磐城桜が丘高等学校演劇部 

 

「嬢 must go on」 作:こばやししゅんいち

磐城桜が丘高校演劇部がおくる、ピュアで、キュートで、ハートウォーミングな60分! 忘れかけていた何かを思い出しませんか?

一度しかない高校時代。女子高生が青春を賭けるものはたくさんある。おしゃれがしたい。彼氏もほしい。ちょっとは受験勉強もしなくちゃ。でも私たちはなぜか演劇部に入ってしまった。暗い。地味。汗くさい。休みもない。基礎練つらい。セリフ覚えもつらい。大道具作りも大変。だって釘なんか打ったことなかったもの。そもそも変人の集まりだし。それなら何のために私たちは演劇をやるのだろう。お客さんのため?自分たちのため?…分からない。分かんないよ。
けれど。私たちには仲間がいる。家族がいる。大人から見たらどうでも良いことに悩んだり苦しんだりつまずいたりしながらも、今日もこうして、支えられ、支え合って生きている。やっぱり楽しいよ、生きるって。だから伝えたい。伝えなきゃ。私たちの思いを。
”嬢 must go on”


日時(磐城桜が丘高等学校の回) 2009年9月6日(日) 16:00
会場 いわきアリオス中劇場 中劇場
料金 入場無料


【プロフィール】
旧女子高時代から数えると県内屈指の伝統と輝かしい過去の実績を誇ります。近年は慢性的な部員不足に悩んできましたが、熱意あふれる部員たちの努力が実り、2年連続で自主公演を打つなど徐々に復活を遂げつつあります。今回は初めて顧問創作の脚本にチャレンジし、等身大の高校生の素直な心情を表現しようと日々稽古に励んでいます。
   NEXT >>>